バイクでのおでかけに

多くの荷物が入る

鞄

バイクツーリングする人の必需品のひとつが、シートバッグです。バイクツーリングをする場合、考えなければならないのが、荷物の収納です。バイクには、ビックスクーターや荷物を乗せるキャリアが搭載されていなければ、多くの荷物を乗せる機能がありません。荷物が多くない場合の移動では、デイバッグやウエストバッグといったバッグで問題なくても、バイクツーリングで行く距離によって、または宿泊する場合は、寝袋やテントなどが必要となることもあるでしょう。シートバッグは、バイクのシートに取り付けることができるため、バイクで多くの荷物を運びたいときにとても便利なのです。シートバッグの容量はいろいろありますが、1泊程度の荷物が入るものから、ロングツーリングにも対応できる大容量のものまであります。バイクにたくさんの荷物を乗せたい場合、シートバッグではなく、サイドバッグを、と考える人もいるでしょう。サイドバッグの場合は、シートやバイクの形状によって、取り付けができないことがあるので注意が必要です。シートバッグのメリットは、サイドバッグのようにサイドカウルに傷をつける心配もありませんし、シートに取り付けることで荷物が安定し、背もたれのような機能を果たしてくれます。また、シートバッグのほうが、すり抜けがしやすいというメリットがあり、選ばれています。行き先や荷物の量、使い勝手によって、自分に合うシートバッグを見つけることで、バイクツーリングをより楽しむことができます。

布巾や中性洗剤で

バイクに乗る人

オートバイや自転車などの運転時には、できるだけ身軽になる必要があります。重い荷物を手に持ったり背負ったりしたのでは、安全運転が困難となるのです。そのためこれらを運転する人の多くが、後輪の上にシートバッグを取り付けています。シートバッグは荷台にベルトや金具でしっかりと固定できるので、手で支える必要がなく、運転に専念できます。ただし使用後には、毎回丁寧に手入れをしなければなりません。というのもオートバイにしても自転車にしても、自動車のようにルーフがないため、全体が雨風の影響を受けるからです。当然シートバッグも濡れますし、さらには空気中に漂っている塵や雑菌などが付着します。そのため良い状態で長く使い続けるためには、使用するたびにそれらを除去する必要があるわけです。そして手入れの方法は、シートバッグの素材ごとに異なっています。たとえばナイロン素材の場合は、濡れた布巾などで表面をしっかりと拭いてから、乾拭きをするときれいな状態になります。頑固な汚れは、布巾に薄めた中性洗剤を含ませてから拭くと、除去しやすくなります。合成皮革または本革のシートバッグの場合、乾いた布巾もしくはわずかに湿らせた布巾で優しく拭いてから、十分に乾燥させます。ただし暖房器具などの前で乾かすと、高熱で変質する恐れがあるため、自然乾燥させることが大事です。またいずれのシートバッグも、手入れ後には除湿シートなどに包んで保管すると、より長持ちしやすくなります。

収納力を上げるために

バイクに鞄を付ける人

二輪車での遠出や旅行の際、荷物が多くて困ることもしばしばあります。そういった場合にはリュックを背負うケースも多いです。しかし、それだと身体に負担になるため、二輪車本体に直接設置できる収納バッグの利用がお勧めです。シートバッグは二輪車用の収納バッグで、自転車用のものもあります。ですが、バイク用のものの方が知名度も高くて人気があります。その理由として、バイクの場合は後ろのタンデムシートに固定して設置するため、さほど目立たずに取り付けることができるという点が挙げられます。また、邪魔にならずに走行ができるのです。そして、サイドバッグと併用すれば、さらに収納力はアップするので、使い勝手が良いのもシートバッグの特徴の一つです。シートバッグを設置する際はシートの上にベルトで固定することが基本であり、着脱も簡単です。また形状やサイズもさまざまです。ショルダー式やリュック形式になっていて、取り外すと普通のバッグとして使用可能だったり、取り外すと小さく丸めることができる簡易式のものなど、凝ったタイプのものも存在しています。ただしどのようなタイプでも設置する際にはそれなりの注意が必要です。シートバッグはシートにベルトで固定するため、固定が甘いと落下する可能性もあります。特に高さや重さのあるタイプだと、安定率が低いために落下のリスクが高まり、落下だけでなく後輪タイヤに巻き込まれるといったリスクもあります。そのため、固定する際にはくれぐれも入念に実施するようにしてください。