車種と条件で

選別のポイント

オートバイ

二輪車で出かける際、あると便利なのがシートバッグです。シートバッグがあれば荷物の収納力がぐんと高まるため、より快適に走行を楽しむことも可能となります。とても便利なシートバッグですが、そのデザインや種類などのバリエーションは数多く存在しています。そのため、素材や価格、サイズなどにもばらつきが生じています。基本的には数百円から数万円と価格の差も激しです。また、サイズや素材、強度といった総合的な機能で値段に影響が出ていることから、当然といえば当然ですが、高機能なほど価格も上昇傾向にあります。もっとも、だからといって高額のシートバッグならばなんでも良いというわけではないのです。たとえ高額なものでも車体にサイズが合っていなければ、せっかく購入しても取り付けることが出来ずに無駄になってしまうリスクもあります。さらにメンテナンスなども素材によって異なりますし、取り付けの際も素材やサイズ、車体によって違ってきます。なので、シートバッグを選ぶ際は価格は参考程度にして、基本的には車体と合うかどうかといったことを見極めのポイントとして重要視すると良いでしょう。またよく分からない場合はスタッフや店員に質問しても良いですし、ネット通販などで購入したい場合は、すでに購入済みの顧客による口コミやレビューなども参考にしても良いでしょう。そうすることで目当てのシートバッグの特徴を知ることができますし、後悔や失敗といった買い物をしてしまうリスクを冒さずに済みます。

収納に便利な特徴

バッグ

ツーリングやキャンプにバイクでいくには軽装で行くわけにはいかず、距離や日数がかかるほど様々な荷物が増えていきます。元々バイクの構造上、大した荷物を載せることはできないため、増えた荷物を運ぶためにはバッグが必要になってきます。そういった時に役立つのが、人が背負うバッグと同じように扱うことができ、シートに簡単に取り付けることもできるシートバッグです。基本的にシートに取り付けたまま使用することが想定されているため、型が崩れにくくしっかりとした作りのものばかりとなっています。荷物が出し入れしやすいよう工夫されており、口が大きくなっているものや、中にはシートバッグのサイドが開くものもあります。シートバッグはバイクに取り付けて使用するため、野ざらしになりやすく、雨に濡れることもあります。そのため、バッグを覆うレインカバーが付いてくるものがあったり、高い防水性のあるバッグなども販売されています。バッグの種類によりますが、ボトルホルダーが付いていたり、中には着脱式のポーチが付いているものもあり、財布や貴重品などをまとめて収納できるので便利です。シートバッグには大型の荷物を運べるよう、80Lと大型のものが販売されています。しかし、荷物が積み込めるという便利な性質から、日常的にも利用しやすく、食材の買い物にも利用できるよう、20L前後の小さなシートバッグもラインナップされています。機能性や大きさによって価格が違うので、自分の目的や予算に応じて自由に選択できます。

ここがポイント

カバン

バイクで出来るだけたくさん荷物を運びたい場合は、シートバッグを設置する事をお勧めします。シートバッグは、バイクに取り付けるバッグの中でも、かなり機能性に優れております。いろいろな荷物を詰めたい場合は、複数の取り出し口があるシートバッグを選ぶととても便利です。通常取り出し口は、シートバッグの中央前面にあります。複数の取り出し口がある場合は、両サイドに設けられている場合が多いです。シートバッグの中も収納場所が区分けされていますので、荷物がごちゃ混ぜになる事を防ぐ事が出来ます。また、シートバッグはバイクから取り外して自宅へ持って帰る事が多いです。従いまして、シートバッグが持ち運びしやすい作りになっているか、チェックしておくとよいでしょう。例えば、肩にかけて運べるようにショルダーベルトが付いているものがあります。それから、シートバッグの素材にも注目しておくとよいです。雨風にさらされた状態でも、シートバッグの中がしっかり保護されていて雨が漏れてくることが無い事がとても重要です。その為には、実際に直接手に取って見てみる事も必要です。最近では、インターネット通販での購入が出来るようになりましたが、初めてシートバッグを購入する人は、可能な限り直接お店へ行って実物を確認するようにしましょう。さらに、小物収納や飲料収納があるタイプもお勧めしたいです。バイクで移動中、いざという時にとても役になって助かる事もあります。